■テレジン通信

2018年

8月

23日

9月11日(火)東京・赤坂にてコンサート『テレジン もう蝶々はいない』を上演します。

9月11日―今年も、この日にコンサート『テレジン もう蝶々はいない』を上演します。

2001年9月11日の夜、私たちテレジンの仲間は、プラハに着きました。

前日の台風の影響で、関東地方は各地で電車が止まったり、道路が交通止めになったり、やっと全員が集まったものの、今度は飛行機が大幅に遅れ、到着が夜遅くになったのでした。

なんか、いつもと違うものものしい雰囲気、街にも警官の姿が多く、ホテルにチェックインしてテレビを見て、それでもなかなかニューヨークの高層ビル崩壊のシーンが現実と思えず、私たちがあの出来事を知ったのは深夜になってでした。

翌朝、プラハの中心、ヴァーツラフ広場の中央に、「テロに抗議する」と書いた横断幕があり、その下にたくさんの花と蝋燭が供えられていました。そして、アメリカ大使館の前に多くの人が花をもって集まっているのを見ました。

複雑な思いでした。私たちは、差別や偏見や憎悪がもたらす悲劇で命を断たれた子どもたちがいた事実を語り、あの子たちの「NEVER AGAIN」の声を伝えようと日本からやってきたのに、その日に、まさにそんな事件が起こっていたのです。

テレジンのコンサート・ホール、プラハに日本大使館のホールで、コンサートを二回上演、その度に、私はそんな思いを語りました。集まってくださったテレジンの生き残りの《子どもたち》の前で。

以来、9月11日にはこのコンサートを続けようと努力してきました。どうしても、できない年もありました、数日ずれる日になったこともありました。でも、続けてきました。

今年もやります。ぜひお出かけください。

 

コンサート『テレジン もう蝶々はいない』

日時:9月11日(火)会場17時30分 開演19時

会場:東京・赤坂 ノヴェンバー・イレブンス1111Part.2

会費:3,500円(別途飲食費)

 

2018年

7月

31日

日経新聞(2018年7月28日夕刊)「ナチ収容所の幼い画家たち」

日経新聞(2018年7月28日夕刊)※クリックすると拡大で御覧いただきます
日経新聞(2018年7月28日夕刊)※クリックすると拡大で御覧いただきます

記事中にある、当時の安田火災海上保険KKの支援のきっかけは、1990年8月に、野村が日経新聞文化欄に書いた『収容所の幼き画家たち』という随想だったのです。

 

まだ社会主義国だったポーランド・チェコ・ハンガリーを訪ねる旅をして、プラハの小さな博物館で出会った子どもの絵、普通の子どもが描くような、明るく、生き生きした美しい絵――それが収容所で描かれたものだということ、そして、描いた子どもたちのほとんどが、その後、間もなく、アウシュヴィッツのガス室で幼い命を断たれていたのだということを知った衝撃。限られた短い時間でもいい、子どもたちにもう一度、目を輝かせ、笑顔になる時間を与えたいと命がけで立ち上がり、絵を教えた画家がいたことを知った感動。どうしても、この絵を日本の多くの人に見せたい、見せなければならないという思いで書いた野村の随想を読まれた、同社の当時の社長が心を動かされて支援を申し出て下さったという経緯があるのです。

 

あれから27年、当時の記事を読んでいない記者が、はじめて見たテレジンの子どもたちの絵。彼の感動が伝わってくるコラムを書いていただきました。

2018年

7月

10日

北九州市にて『テレジンの小さな画家たち詩人たち展』開催

会期:8月24日(金)~29日(水)

会場:北九州市旧門司税関2階ギャラリー

入場無料

  • 8月25日:テレジンを語り継ぐ会代表・野村路子の講演会
  • 8月26日:テレジン・アウシュヴィッツの旅報告会
          子供たちによる詩の朗読

2018年

7月

10日

『語り人』作・米田さん

熊谷展の実行委員の米田さんが野村に送ってくださった詩です。彼女の許可を得て掲載させていただきます。

※作者の意図をできるだけ正確にお伝えするため、縦書きの文章をそのまま画像で掲載させていただきます。

画像をクリックすると拡大で御覧いただけます。

語り人.pdf
PDFファイル 88.7 KB

2018年

7月

03日

『テレジン収容所の幼い画家たち展』がメディアで紹介されました

2018年6月7日~12日に熊谷・八木橋デパートにて開催された『テレジン収容所の幼い画家たち展』が、読売新聞・夕刊(2018年6月9日)、埼玉新聞(2018年6月24日)にて紹介されています。是非ご一読ください。

読売新聞・夕刊(2018年6月9日)
読売新聞・夕刊(2018年6月9日)
埼玉新聞(2018年6月24日)
埼玉新聞(2018年6月24日)