テレジン通信

2018年

2月

25日

2018年6月6日~12日:熊谷市八木橋デパート『テレジン収容所の幼い画家たち展』開催

少し先の予告です! 

6月6日~12日、熊谷市八木橋デパートで『テレジン収容所の幼い画家たち展』の開催が決まりました。

1991年4月15日、日本で初めての展覧会が開かれた熊谷の八木橋デパートに、27年ぶりに、テレジンの子どもたちが帰ってきます。

 

あの日、私は、オープニングのご挨拶で、「みなさん、子どもたちの名前を呼んであげてください」と言いました。「テレジン収容所で、親から離され、いつもお腹がぺこぺこで、寒い夜にも毛布もふとんもない三段ベッドで寝る生活……そんななかで子どもたちは一生懸命に絵を描きました。お父さんやお母さんに見せたかったはずです、上手に描けたねと褒めて欲しかったはずです。でも、見てもらうこともなく、アウシュヴィッツのガス室に送られて殺されてしまった子どもたちが描いた絵なのです。どれか一枚でもいいですから、描いた子どもの名前を呼び、その名前を憶えてあげてください」と。

 

その2年前に、偶然にプラハの街の小さな博物館(今その絵が展示されているピンカス・シナゴーグではなく<Jewish Museum>というけれど、ユダヤ人墓地出口の横の小さな建物でした)で出会った子どもたちの絵。それが、テレジンという収容所に送られていたユダヤ人の子どもたちが描いた絵であり、その子どもたちのほとんどすべてがアウシュヴィッツのガス室で、幼い命を奪われていたことを知りました。それから1年、どうしても、あの絵が忘れられない、心から離れない……日本の子どもたちに見せたい、こんなことがあったのだという事実を多くの人に知ってほしいという気持ちが変わらなかったのです。1年たっても変わらないのだから、私の思いは本物なのだと自分で判断し、たった一人で展覧会を開くことを決め、在日チェコスロバキア(当時)大使館に出向いたのが、1990年2月でした。

 

会って話しを聞いてくださったレボラ書記官が、すぐに国の方に問い合わせ、幸いにも、「遠い日本の一女性が、あの絵に心を止めてくれたことが嬉しい」と、展覧会開催快諾して下さいました。すぐにプラが辺飛んで行ったのも、今は懐かしい思い出です。そして、見せていただいた絵は、ますます強く私の心をとらえました。博物館の展示では気づかなかったけれど、描かれた紙のほとんどが画用紙ではなく、ドイツ軍の書類や、包装紙、封筒を切り開いたもの、小さく、まわりがギザギザになっているような紙や、シミのある紙、皺を伸ばしたことがわかるようなものばかり、コンな紙に、汚く狭い部屋の中で、あんな美しく生き生きした絵を描いていたなんて――。

 

すでに描かれてから40年以上の年月が過ぎていました。もともと拾い集めたような粗末な紙は、傷みがひどく、ほとんど動かせない状態であることも聞かされました。そして、私が日本での展示を希望する150点の絵を撮影して、それを使ってレプリカを作成すること、その日本での永久使用の許可をいただき、日本で初めて、世界でも、プラハの博物館と、イスラエルの<ヤド・ヴァシェム(ホロコースト資料館)の展示を除けば、イタリアに次いで二番目の『テレジン収容所の幼い画家たち展』開催が決まったのです。

その時のチラシです。同じデザインのポスターもありました。裏面を見ると分かるように全国23カ所の巡回展でした。

 

当時の資料を少しお目にかけます。今、世界中(?)がオリンピックで沸き立っているのかもしれませんが、あの、展覧会始めたころよりも確実な平和や幸せの時代だと言えるでしょうか。私がはじめて、あの絵に出会った時はまだ米ソ対立の時代でした――その何か月か後に、東欧の国々の改革が進んだのですが、今また、それらの国でもさまざまな問題が起こっています。日本では……? あの時以上に、「戦争をしてはいけない」と言わねばならない気がします。「子どもたちの笑顔を奪ってはいけない」「子どもたちの生きる力を信じよう」とも。だからこそ、今また、この展覧会が開かれることに大きな意味があると信じています。

 

もう一度やろうと決めてくださった八木橋デパートさんに感謝すると同時に、「もう一度!」という方が続いてくれたらと、心から願っています。

※画像をクリックすると拡大で御覧いただけます。

テレジンを語りつぐ会 facebook

お知らせ

■テレジンを語りつぐ会では随時、講演やパネル貸出、朗読と歌のコンサート依頼を受け付けています。ご質問・ご相談などお気軽にお問い合わせください。 ご相談・ご依頼

■ テレジンを語りつぐ会 ふくおか 

テレジン 命のメッセージ

テレジン 命のメッセージ 代表作

アウシュヴィッツを知っていますか。テレジン収容所って聞いたことがありますか。あの戦争という狂気の嵐が世界中を吹き荒れていたころ、ナチス・ドイツが支配するヨーロッパの国々にはたくさんの収容所がありました。テレジンは、飢えや暴力や死の不安が存在する収容所の一つ。そこでは、素晴らしい<教室>が開かれていました。絵の教室 詩の教室 ―― 子どもたちは、勇気ある大人たちの努力で、絵を描き、詩を綴り、この世に生きた証しとなる美しい作品を生み出していました。

 

コンテンツのご案内

テレジン収容所

テレジン収容所

1941年、ナチス・ドイツが、占領下においたチェコスロバキア(当時)の首都・プラハから北へ60キロほど離れた小さな街・テレジンに作った収容所。当時はTheresienstadt(テレジェンシュタット)とドイツ語で呼ばれ、アウシュヴィッツへの中継地という役割を果たしていました。なぜ、ここに…? そして、なぜ、テレジン収容所が特別な存在として今も語られるのか…。 

詳細はこちらから

テレジン再見

どんな活動も、まずは拡げていくことから始まり、次にはそれをどう続けて行くか、さらに、後の世代にどう繋げて行くかが課題になります。『テレジン収容所の幼い画家たち展』は、野村路子の投じた小石が波紋をひろげ、全国の多くの方の協力で23年続いてきましたが、今、展覧会だけでなく、集まったたくさんの資料、野村が取材した生き残りの方たちの貴重な証言などを、次世代の方に引き継いで行く大事な時になっています。その方法を考えながら、“語りつぎ”たいことを、まず書いて行こうというページです。

詳細はこちらから

ホロコーストとは…?

ポロコーストとは?

“ホロコースト”のもともとの意味は、“焼いて神殿に供えられる生贄”のことでしたが、第二次世界大戦後、ナチス・ドイツが行ったユダヤ人大量虐殺を表わす言葉として使われるようになりました。世界史上最大の悲劇といわれるホロコーストの犠牲者は、500万から600万人と言われています。正確な数を数えられないほど膨大な数の人々が殺されたのです。

詳細はこちらから

子どもたちの遺した絵

テレジン収容所の子どもたちが遺した絵

1945年、収容所が解放され、ドイツ兵が去ったあとの廃墟に4000枚の絵が残されていました。それを見つけたのは<女の子の家>の世話役をしていたビリー・グロアー。彼は辛い境遇の子どもたちが、目を輝かせ、小さくなったクレヨンを握って一生懸命に絵を描いていたのを知っていました。そして、その子どもたちがもう帰ってこないのだということも。

詳細はこちらから 

子どもたちが遺した詩

テレジン収容所の子たちが遺した詩

1945年5月8日、解放されたテレジン収容所には子どもたちが書いた4000枚の絵とともに、数十枚の詩が残されていました。詩は、どれも小さな紙切れに、小さな文字で書かれ大切にどこかへしまってあったのでしょう・・・。紙はすり切れ、字が読めないものも多いのです。 

詳細はこちらから 

テレジンとの出会いから20年、野村路子プロフィール

「テレジンを語りつぐ会」代表・野村路子

コピーライター、タウン誌編集長の後、新聞・雑誌にエッセイやルポルタージュを執筆、NHK・FM浦和でパーソナリティーをしていたが、89年、プラハでテレジンの子どもたちの絵と出会い、その事実を伝えようと、チェコ大使館、ユダヤ博物館などと交渉、91年から日本で『テレジン収容所の幼い画家たち展』を開催。数少ない生き残りの人たちへのインタビューをかさね、展覧会、執筆、講演活動を続けている。 

詳細はこちらから

国語教会書

平成24年度から使用されている学校図書㏍ の小学校国語教科書『みんなと学ぶ国語・六年(下)』に、野村路子の『フリードルとテレジンの小さな画家たち』が掲載されています。どんな時代だったのか、フリードルの行動にはどんな意味があったのか、絵を描くことで子どもたちはどのように変わったのか、そして、子どもたちが残した絵は何を語るのか・・・などを学ぶことになっています。

詳細はこちらから

 

テレジンを語り継ぐ会・活動のご案内


テレジンを知るための本

テレジン収容所の幼い画家たち

テレジンの小さな画家たち

~ナチスの収容所で子どもたちは4000枚の絵をのこした~

産経児童文化大賞受賞作

たった一枚の絵をのこしてアウシュビッツで殺された子どもたち。収容所の中で、遊園地やサーカスの楽しい思い出の絵をかきのこしていた子どもたち。この本は、生きのこった子どもたちに取材して書かれたものです。

著/野村路子  1,575円(税込)  ご購入はこちらから

子どもたちのアウシュヴィッツ

子どもたちのアウシュヴィッツ

「ユダヤ人に生まれた」というだけの理由で子どもたちは収容所に入れられ、苛酷な運命を辿ることになった。ホロコーストの犠牲になった子どもたちの姿を生存者の証言を交えながら描く。

著/野村路子  1,575円(税込)  ご購入はこちらから

15000人のアンネフランク

15000人のアンネ・フランク

アウシュビッツのガス室に消えた子どもたち。中継収容所から発見された絵は、子どもたちがこの世に書き残した、いのちの証です。

著/野村路子  四六判 256ページ 上製  2,300円+税  

※ただいま数冊ご用意できます。ご希望の方はご連絡ください。 ご連絡はこちら

『フリードル先生とテレジンの子どもたち 

~ナチスの収容所にのこされた4000枚の絵~』

アウシュビッツへの中継地テレジン収容所にいた1万5000人の子どもたち― 

奇跡的に生き残った人びとの証言が描き出す現代史の深き闇と光!

著/野村路子 2011年12月2日発刊 B6版ソフトカバー 

定価945円(税込み)  ご購入はこちらから

 

 

◆このほかにもたくさんの本をご案内しています。ご興味のある方は こちらをご覧ください